プロフィール
・1977年生まれ
・多古高等学校卒業
・趣味 スノーボード 写真撮影


横芝光町中台1405-30
TEL:090-2561-7273
E_mail : arnette20000@gmail.com

 
????????? 開設:2014.12.08    最終更新:2018.08.03
 7月10日 活動レポート13号を発行しました。

 7月5日、千葉県自治会館にて、市町村議会広報研修会が開催され、当町の広報委員が参加しました。
 
内容は、議会広報編集のポイントをテーマに、講師 議会広報サ ポーター芳野政明氏の講義が行われました。 内容は議会だよりの本当の趣旨から始まり、読者に伝わる文章構成、心を掴むレイアウト等、他市町の先進的な議会広報を例に挙げて、説明頂きました。休憩を挟んで、後半に広報クリニックとして、他市 町村の議会だよりを講師が診断し、良いところや更なる改善点等、より詳細な部分を解説頂きました。当町の議会だよりにも取り入れるべき点や、応用できる部分がありますので、今後の参考にさせて頂きたいと考えます。 今後も、町民の皆様に議会活動が伝わる、解りやすい議会だよりの改善を研究し、 広報技術向上に努めてまいります。

5月26日
東陽食肉センターの獣魂祭に出席してまいりました。

 毎年、この時期に行われ、家畜の魂を供養する式でございます。産業動物といっても、一つ一つの大切な命が私達の食卓に運ばれております。食べ物は粗末にしないで感謝して頂かなければなりません。町長はじめ、議会議員、関係団体にて心より供養を致しました。
 と畜頭数の減少や施設の老朽化等により、大変厳しい経営状況ですが、地域の皆様へ安心、安全な食肉をお届けする為の一役を担っている部分もありますので、健全経営に向けて真剣に考えて行かなければなりません。

5月20日、町の消防ポンプ操法大会が開催されました。
 消防団の皆さんは平素よりポランティアにて町の安全を守って下さっております、心より感謝申し上げます。
 以前も説明しましたが内容としては乗車してから標的に対して放水するまでのタイムや、規律、俊敏性等を採点し順位を競うものです。消防団のスキルアップ、維持に大切な役割をもっています。
 今年は、私も選手をやりました。結果はついて来ませんでしたが、新たな発見や、今後の後輩への指導方法など勉強になる事は沢山ありました。
 成績結果は、第7分団第1部と第8分団第3部がそれぞれ優勝されました。
 来る6月24日の山武郡市で行われる、操法大会での優勝を目指して頑張っていただきたいと思います。
 消防団の皆様、プライベート時間を削っての練習や日頃の活動、本当に頭が下がります。
 本日一日、お疲れ様でした。

4月27日
横芝駅前情報交流館 「ヨリドコロ」のオープン記念式典に出席しました。

 この建物は、国から支出される地方創生拠点整備交付金を活用し、町からの予算支出を抑え、約1億円で建設されたものです。
 横芝光町へ訪れた皆様の表玄関として、おもてなしをする空間となります。町の観光案内は勿論、移住定住に関する情報や、町の特色を総合案内カウンターにて知る事ができます。物販コーナーも設けられ、町の特産品や、協力事業者オリジナルグッズ、よこぴーキャラクターグッズが販売され、カフェスペースも併設されております。
WIFI環境も整備されており、現在風のおしゃれなデザインの建物ですので、バスや電車を待つ間もくつろげる空間となっております。
 こちらを拠点に、町のもっている可能性を最大限に高めてお客様に情報提供できるように、これからも活用方法を精進しなければいけません。
 希望溢れる未来への第一歩に感じました。

4月9日 大総小学校入学式に出席してまいりました。
 春爛漫のとても良い陽気のなか8名の新入生がご入学されました。
 皆さん、初めて学校という教育の場に入って不安でいっぱいだと思います。ちょっと恥ずかしがってしまう子もおりましたが、名前を呼ばれた時の返事や教育長のご挨拶の際、簡単な質問を行った時にさっと手を挙げる姿は非常に逞しくも思えました。
 過小規模校とも言われるほど、児童が減少してしまった大総小学校ですが、その分、心が通い合える深いお友達を作って心に残る小学校生活を送ってください。
 町では、今後大総小学校と横芝小学校の統合が本格的に始動してまいります。PTAの皆さんのご負担等を多角的に考えると、個人的には私も賛成ですが、現在在籍している児童の皆さんが少しでも自然に他校の児童と溶け込む事が出来る様に、きめ細やかな過程を踏んで行かなければなりません。今後も、考えられる提案を町に訴えて、動向に注視してまいります。
 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

4月6日 横芝中学校入学式に出席してまりました。
 今年度は102名の新入生がご入学されました。中学校では将来の進路を見据えた勉強もしていかなければなりません。得意な科目、苦手な科目があると思いますが、得意なものから将来の進路に興味をもっていただき、苦手な科目でも基礎はキチンと学んでいただきたいと思います。
 また、小学校では出来なかった部活動にも参加できます。同じ興味を持った友達と絆を深めて、思い出に残る中学校生活を楽しんでください。
 新入生の皆さん、ご入学、誠におめでとうございます!

 3月16日 大総小学校卒業証書授与式に出席してまいりました。

 29年度は8名の卒業生が、ご卒業されました。
 皆さん、少し大きめの学生服で、初々しい姿での卒業式です。
 大総小学校は、毎年児童数が少ないせいか、一人一人が中学校に進学してからの抱負を宣言します。一つ一つの動作も丁寧に行われ、雰囲気の良い卒業式です。
 小学校の6年間は、長いようであっという間であったと思います。この6年間でしっかり身に着けた基礎で、また中学校でものびのびと学習に、また部活動に力を入れて下さい。
 中学校に進学すると、横芝地区や上堺地区の生徒と一緒になります。出来るだけ早く気の合う友達を見つけて、そこからどんどん広げて行ってください。中学校の友達も、生涯非常に大切な友達になっていくと思います。そして、大総小学校の卒業生である事に自信を持って校庭のくすの木のように逞しく成長して下さい。
 卒業生の皆様、保護者の皆様、本日は誠におめでとうございました。

 3月9日 横芝中学校卒業証書授与式に出席してまいりました。

 昨年度は121名の卒業生がおられましたが、29年度は大幅に下回る95名の卒業生でございました。
 皆さんは、学校生活にプライベートに非常に大切な3年間を過ごされた事と思います。 先日、私は中学校の同窓会に出席してまいりましたが、この時期に深い仲になった友達は、25年経った今も話が止まらないくらい、昔話や、それから現在に至った経緯の話に花が開きました。
これから、離れ離れになってしまう友達もいるかもしれませんが、また一緒になる友達を大切にしつつ、新たな友達も沢山つくって、助け合いながらこれからの人生を歩んで行って下さい。
 式の中では、卒業生代表で答辞を読まれた、伊藤貴将さんが、感極まって涙をこぼすシーンがありました。思わず、私も貰い泣きしてしまいました。毎年、卒業生の中から代表で読まれている式次第ではありますが、やはり涙があるとだいぶ雰囲気が違いますね。
 進学される方も、就職されるかたも、素晴らしい未来が待っている事をご祈念いたします。
 卒業生の皆様、保護者の皆様、本日は誠におめでとうございました。

1月17日 あきしか幹夫 活動レポート 11号 を発行しました。

1月14日、消防出初式に出席して参りました。
 地元防災の第一線を担う消防団の皆様は、新年を迎えすがすがしく、また逞しい姿で参加されていました。観閲、分列行進等、早朝よりしっかり練習され、素晴らしい演目が披露され、昨年の功績を称え、千葉県知事賞を初め、消防団長表彰まで、大勢の団員の皆様が表彰されました。
今後も、町に災害が起こらない事をお祈り申し上げますが、万が一の発災時には、日頃の訓練を活用し、最大限の安全を確保しながら、減災、防災活動にご尽力頂きたいと思います。
本日は誠におめでとうございます。

1月7日、成人式が今年も盛大に挙行されました。
 本年は男性138人 女性128人 計266人方が当町よりご成人されました。
皆さん落ち着いた表情で、式に臨んでおられました。皆さんは可能性に満ち溢れております。これからは、人手不足に悩まされる時代に入っていきます。外国人と一緒に働く機会もどんどん増えて行きますし、事務的作業等はAIに置き換えられて行く流れとなります。やりたい仕事、または続けて行ける仕事を探すのは容易でないかもしれませんが、是非皆さんモチベーションを高く持って、社会に貢献して頂きたいと思います。

 明けましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、希望に満ち溢れた素晴らしい門出を迎えられた事と存じます。
現在町では、第2次横芝光町総合計画の策定を初め、まち、ひと、しごと創生総合戦略、成田空港容量拡大、学校の適正配置検討等、課題、問題が山積しております。しかし、私は、課題があるのが当たり前であって、無い方がおかしいと考えております。大小に関わらず、何事にも真剣に問題意識を持つ事が大切です。流れに任せたりせず、一つ一つ丁寧にクリアして、希望が現実になった横芝光町にする為に、また一年頑張りたいと思います。

 写真は、昨年も参加させていただきましたが、屋形海岸の初日の出イベントの映像です。
毎年来場者が増え、ありがたい事です。観光まちづくり協会の皆様のご尽力あってこその事だと思います。
非常に寒い中、早朝よりご準備頂き、本当にお疲れ様でございました。


2017年の記事へ